ブリブン's blog

人生は失敗から学ぶことの方が多い。批判的旅ブログ

普段通いできる中華料理レストラン@尖沙咀

私は香港に来るまでは、香港の中華料理も日本の中華料理も、同じようなものなのではないかと思っていた。だが、香港の中華料理は想像を超えて素晴らしかった。特に、高級店未満の店がすごい。日本でも高いお金を出せば香港並みの料理を食せる場所は沢山ある。世界最多のミシュラン星数を獲得しているのは、実は東京だ。
だがそのちょっと下、普段通えるカジュアルなレストランとなると、香港に軍配が上がるのではないだろうか。香港は普通のレストランがすべからく美味しいのだ。
飲茶も広東料理なので、飲茶好きにとって香港は世界最高の場所だ。この合図も是非覚えておこう(笑)

f:id:BriVN:20170223025843j:plain

 

鼎泰豊

東京はじめ、世界各国に支店を構える小籠包の有名店。だがもちろん小籠包以外もおいしい。気配りの行き届いた心憎いサービスが特徴。香港中華を初めて食すにはもってこいの店。腸粉にトライしてみるのもいい。鼎泰豊の担々麺は汁少なめ。

f:id:BriVN:20170223023822j:plain  f:id:BriVN:20170223030250j:plain

www.openrice.com

 

池記

ここの担々麺ももちろんおいしいのだが、池記といえば、排骨菜飯蝦雲呑麺(えびワンタン)。安いのでこの際、食べたいものを全部頼んでしまおう。

f:id:BriVN:20170223094805j:plain  f:id:BriVN:20170223021819j:plain

www.openrice.com

 

面譜京川料理

本格四川の店。インターコンチネンタルホテルから大通りを渡ってすぐのところにある。店内の雰囲気もなかなか洒落ている。四川フリークにはたまらない。食すと舌がびりびり痺れるのは、花椒(ファージャオ)の作用。日本の四川では辣椒(ラージャオ。辣油のラー)、唐辛子は使われているが、この花椒はあまり使われていない。結構痺れる。ここの担々麺は胡麻がたっぷり、辛さもOKだ。(辛いものが苦手な人には、この店はお勧めしない。)

www.openrice.com

 

翡翠拉麺小籠包

香港国際空港内にもある。クリスタルジェイドといえば担々麺。あまり辛くない、この中では一番万人受けする担々麺ではないだろうか。麺が数種類の中から選べるのも中国ならでは。思い切って冒険してみるのも悪くない。 

www.openrice.com