読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブリブン's blog

人生は失敗から学ぶことの方が多い。批判的旅ブログ

日本人英語できない伝説

#海外生活 #英語教育

「なんで日本人は英語できないの?」

英語圏や非英語圏(欧州など)で教育を受けた層からも聞かれるし、非英語圏のリゾートなどで現地で働く人達(店員、ホテルスタッフ、ツアースタッフ)からも聞かれる言葉である。

ほとんどの場合、相手に悪気は無い。ただ単に、「金持ちで有名で、ということはたぶん高い教育も受けているハズの日本人が、どうしてそんなに英語話さないの?」ということを言いたいだけなのだろう。
日本人はリスニングとスピーキングが苦手なだけで(この2つは強く関連し合っている)、読み書きに関しては高い英語能力を持っているのだけど、いかんせんまず話をしないと相手には誤解されたままである。

また、日本人特有の謙遜もあるかもしれない。日本人は「英語できない」と自分で言う人が多い。日本以外の国だと、英検8級すら受からないレベルであっても、カタコトの英語さえ話せれば、自信を持って「英語できる」と言う人の方が多い。
※ものの例えであり、英検に8級が存在するかどうかは寡聞にして知りません

社会構造の違いも要因として大きい。日本以外の非英語圏は、どこも大体階級社会。教育を受けられる層とそうでない層は分かれている。教育を受けられる層の中でも特に富裕層は、子供の頃からインターナショナルスクールかそれに準ずる学校に通うので、ほぼバイリンガルレベルの英語話者になる。ミドルクラスも子供には英語教育をみっちり受けさせる。教育を満足に受けられない層は、独力で英語を身に付ける。これらの国では、ある程度英語ができなければ、金を稼ぐことができない。彼らは文字通り生きる為に英語を使っている。

日本は植民地になったことがなく、社会のインフラストラクチャー、土台に海外(特に西洋)資本の力を借りる必要は無い。植民地から独立した非英語圏の国々では、海外資本が無ければ社会が成り立たない。富裕層が使っているのは全て海外資本の製品ばかり。しかし日本のインフラに海外資本は無くともやっていけるくらいだし(あった方がいいのは当然だが)、世界に通用する日本企業も数多くある。日本で暮らす限り、英語は必要ないのである。いや、正確には、必要「なかった」。

なので非英語圏の労働者階級が、日本人が英語できないことに対して「英語できないのいにどうして金持ちなの?」或いは「金持ちなのにどうして英語できないの?」と疑問を抱く気持ちはわかる。だが、英語圏出身者に対しては、まず非英語圏でも英語が通じて当然という認識を改めろ、と思う時もある。
ただ個人用コンピュータとインターネットの登場を経て、経済の国境が無くなりつつある昨今、世界共通語は英語で決まりだろう。現在は欧州や北欧の非英語圏でも英語教育が活発だし、日本にも必要なことだと思う。※個人的には英語で良かったと思う。フランス語やエスペラント語よりはいいのでは?

日本人がスピーキング&ヒアリングの点で「英語できる」ようになる為には、音の教育が不可欠と思う。日本語の音は世界の言語の中でも最もシンプルすぎる部類に属するのではないだろうか。これが一部外国人に、日本語は簡単と言わしめる原因。敬語を使いこなしてから言えと言いたい。対する英語には、日本語に無い音が倍ぐらいある。これを聞き取れるようにならないと、話せる(発音できる)ようにならない。英語圏の小学校でも、国語(つまり英語)の授業はフォニックスから始まる。日本の英語教育にフォニックスは必須だろう。

ヌードルハラスメント

#海外生活 #香港

日本在住の友人から聞かれた。今日本で流行っているのだろうか。
更に、「中国人は麺をすするのか?」と聞かれたので、「すすらないよ」と答えた。これは香港でも本土でも同じ。皆そのように躾けられて育ってきている。
※中国は多元構造の階級社会なので、農村戸籍の人や中産階級未満についてはわからない。

私もすすらない。理由はいたってシンプル、友人達に嫌な思いをさせたくないからだ。

私は海外在住なので、友人には外国人も多い。マナー云々以前に、ものごころつく頃から、食事中に音を立てないよう、ずっとずっと躾けられてきた人達は、食べ物をすする音をもはや生理的に受け付けられなくなっていることも多い。それは理屈抜きなのだ。私も日本人なので、麺すすりの伝統や文化については理解している。ただ、麺すすりが生理的に=感情で受け容れられない相手に対して、伝統が文化がと理屈で説明したところで、相容れることはないだろう。理屈と感情は3次元と4次元くらい違う。

更に私は、家族や日本人の友人と食事に行く際も、麺はすすらない。というのも、使い分け、というのは意外と難しいものだから。意識を集中させている間はいいが、ふと無意識になった時、普段の癖がどうしても出てしまう。気のおけない友人たちと食事をする時は、会話に夢中になって食事のマナーに集中ばかりしていられないものだしね。普段からすすらない一辺倒にしておけば=脳内の麺すすり回路を消滅させれば、気を抜いた瞬間、ふと麺すすりをやってしまうことも無い。
※人間の脳の構造上、電気信号を送らなければ、脳内の特定の回路は消滅するか、弱くなる。

私にとっては、一緒に食事に行ける付き合いからが「友人」の始まり。それ以前は「知り合い」。よく言われることだが、人生の中で食事ができる回数は決まっている。そして食事は人生の中で幸せな時間のひとつである。友人とは互いに気兼ねなく、大切な時間を共有したいと願う。

普段通いできる中華料理レストラン@尖沙咀

#海外生活 #香港 #尖沙咀 #担々麺

私は香港に来るまでは、香港の中華料理も日本の中華料理も、同じようなものなのではないかと思っていた。だが、香港の中華料理は想像を超えて素晴らしかった。特に、高級店未満の店がすごい。日本でも高いお金を出せば香港並みの料理を食せる場所は沢山ある。世界最多のミシュラン星数を獲得しているのは、実は東京だ。
だがそのちょっと下、普段通えるカジュアルなレストランとなると、日本の中華は香港に全く歯が立たない。香港は普通のレストランがすべからく美味しいのだ。ただ、香港料理はあまり辛くないので四川フリークにはちょっと残念。あくまで中心は広東料理。
飲茶は広東料理なので、飲茶好きにとって香港は世界最高の場所だ。この合図も是非覚えておこう(笑)

f:id:BriVN:20170223025843j:plain

 

鼎泰豊

東京はじめ、世界各国に支店を構える小籠包の有名店。だがもちろん小籠包以外もおいしい。気配りの行き届いた心憎いサービスが特徴。香港中華を初めて食すにはもってこいの店。腸粉にトライしてみるのもいい。鼎泰豊の担々麺は汁少なめ。

f:id:BriVN:20170223023822j:plain  f:id:BriVN:20170223030250j:plain

www.openrice.com

 

池記

ここの担々麺ももちろんおいしいのだが、池記といえば、排骨菜飯蝦雲呑麺(えびワンタン)。安いのでこの際、食べたいものを全部頼んでしまおう。

f:id:BriVN:20170223094805j:plain  f:id:BriVN:20170223021819j:plain

www.openrice.com

 

面譜京川料理

本格四川の店。インターコンチネンタルホテルから大通りを渡ってすぐのところにある。店内の雰囲気もなかなか洒落ている。四川フリークにはたまらない。食すと舌がびりびり痺れるのは、花椒(ファージャオ)の作用。日本の四川では辣椒(ラージャオ。辣油のラー)、唐辛子は使われているが、この花椒はあまり使われていない。結構痺れる。ここの担々麺は胡麻がたっぷり、辛さもOKだ。(辛いものが苦手な人には、この店はお勧めしない。)

www.openrice.com

 

翡翠拉麺小籠包

香港国際空港内にもある。クリスタルジェイドといえば担々麺。あまり辛くない、この中では一番万人受けする担々麺ではないだろうか。麺が数種類の中から選べるのも中国ならでは。思い切って冒険してみるのも悪くない。 

www.openrice.com

My Tourist trap selectionその2 = Ambassador in paradise/アンバサダーインパラダイス

#ツーリストトラップ #フィリピン #ボラカイ島 #ホテルレビュー

旅をしていると、時にツーリストトラップに遭遇することもある。

いわゆる観光客専門の騙し、ボッタクリ。或いはBait and Switchでもいい。

フィリピン・ボラカイ島で私が出会ったツーリストトラップは、

アンバサダー イン パラダイス リゾート (Ambassador in Paradise Resort) -ボラカイ-【 2017年の口コミ・価格比較・宿泊予約 】- トリップアドバイザー

というホテル。

f:id:BriVN:20170222120900p:plainf:id:BriVN:20170222122844j:plain

ボラカイ島のStation1には、奇跡のビーチを背景に、ホテルが隙間なくぎっしり並ぶ。例えていうなら伊豆七島の民宿。

ハワイのワイキキビーチのように大規模なホテルが並ぶ様子とは大違い。そもそも5つ星になるには一定以上の敷地が必要なので、民宿程度のコンパクトな敷地と施設しかないアンバサダーホテルが5つ星なんてこと自体がおかしいわけですよ。それは行った後で気付いたわけだけど。

これはハワイの正しく5つ星ホテルであるロイヤルハワイアンだが、アンバサダーのビーチに並べられるパラソルの数はMAXで10前後だったので、比較するとアンバサダーの敷地はロイヤルハワイアンのこの赤枠部分ほどしかない。

f:id:BriVN:20170223102304j:plain

だから宿泊サイトの宣伝写真も、魚眼レンズで最大限大きく見せる作戦なのだろう。

ここのホテルのどこがどうツーリストトラップなのかというと、一番問題なのはこのホテルがどう頑張っても最大3つ星の敷地と施設しか持たず、サービスについてはそれ以下であるにも関わらず、自分達は5つ星だと主張していること。そしてそれが世界標準からかけ離れていること。値段だけはボラカイの他の5つ星と同じくらいなので、宿泊サイトを利用してホテルを決めるゲストに対し、詐欺を行っているといってもいい。ホスピタリティ、サービスの質だけでも彼らが主張するように5つ星であればまだ納得できたのだが、それすらアマチュアのレベル。
宿泊サイトの星記載は基本、ホテルの自己申告による。ミシュラン等がカバーしているのも一部でしかないし、全世界的で適用される統一基準というものは、残念ながらまだ存在しない。それでも5つ星に普段から泊まり慣れているゲストなら、「大体この程度は」という基準と期待があるだろう。だが、このホテルでそれは期待できない。

 具体的に見ていこう。

・カティクラン・カリボからの送迎

これは問題ない。専用ボートによる送迎時、ライフジャケットも完備。

 

・レセプション

5つ星を期待してきた人は、まずここでショックを受けるのではないだろうか。センスの無い室内装飾と、安っぽいソファにテーブル。このロビーを見て、リゾートにやってきたという気分にはなれるゲストはいないだろう。

さらに衝撃的なのは、ここでとんでもない誓約書にサインをさせられることだ。

1.ホテルの部屋に食べ物や飲み物を持ち込んだら罰金

ホテルで、部屋に食べ物や飲み物を持ち込んだら罰金を払う旨の誓約書にサインさせられた経験のある人がいるだろうか。おそらくいないと思う。
子供のお菓子も持ち込み不可だというのだろうか?部屋に飲み物を持ち込んだらcorkage feeがかかるそうだ。レストランでもないのにcorkage feeを請求するところがあろうとは!?

2.部屋のリネンを汚したら罰金

想像するに、大陸からの観光客対策なのだろうけど。それでも有り得ない。

※大陸からの観光客の中には、マナー教室に100万¥~の料金を払う層もいる=人によるので十把ひとからげにはできない

 

・部屋

なんと、専用電話が無い!あるのは小さな古いセルラーのみ。いつの時代のシロモノか。(ちなみにメーカーはサムスンだった)

f:id:BriVN:20170222124216j:plain

レターセット・絵葉書・メモ用紙・ボールペン等は一切無し。
「エコロジー」なのだそうだ。ものは言いようですな。

 

・バスルーム

私達の宿泊した部屋はお湯が出なかった。3日間のステイ中一度も。シャワーの出力はチョロチョロ。さすがに2日目になってホテルにお湯が出ない旨伝えたが、スタッフが確認にきて「お湯出ませんけど満室なのでお部屋変えられません」で終了。5つ星ホテルならよくあるお詫びのフルーツとか、そんなものも一切無し。
さらにチェックアウト時、マネージャーにお湯が出なかったことを伝えると、「私達のホテルはソーラーシステムを採用しています。お湯がよく出ないことは、あります。」いや、よく出ない、じゃなくて全然出なかった、なのだけど。謝罪の言葉は無し。ありがとう地獄からのアンバサダー(トリップアドバイザーのレビュアーから拝借)。

アメニティもダメ。リンスインシャンプーって、ビジネスホテルじゃないんだから。でまたこのクオリティが最悪、髪がゴワゴワに。ビーチリゾートでありながら部屋にドライヤーすら置いてなかった…。(言えば持ってきてくれたけどね)

そうそう、これも普通のホテルでは有り得ない(笑)

f:id:BriVN:20170223112638p:plain

 

・朝食ビュッフェ

この惨めさで5つ星ホテルとか言ってしまう図々しさ。
実際の5つ星のホテルの朝食ビュッフェを横に並べてみよう。

f:id:BriVN:20170222130000p:plainf:id:BriVN:20170222130558j:plain

一目瞭然。ホテルは客あってこそ成立するものなので、客観的評価は大事。

 

・スタッフ・マネージャーの質

スタッフは気のいい人達だが、いかんせんアマチュア。近所の人に対するノリで接してくる。こちらのホテルに滞在中、日本人が珍しかったのか、ことあるごとに「何人か?」「どこから来たのか?」と聞かれ続け、挙句の果てに、「日本人に見えないね、なぜなら」と、目を吊り上げるジェスチャーをされた。

The人種差別なジェスチャーを悪気なく繰り出してしまう5つ星ホテルのスタッフ

本当に悪気がは無いことは、3日滞在したのでよくわかる。ただ、アンバサダーインパラダイスはマネージャー・スタッフともに、正式なホテルマネジメント教育を受けていないのだろう。

f:id:BriVN:20170222134039j:plain

他にも、ビーチへ行くのにいちいちタオルと交換するためのタオルカードを持って行かなくてはならない(カード1枚でタオル1枚と交換。せこい!)、混雑時ルームサービスのピザに1時間かかる等々、挙げればキリが無い。

そうそう、このビーチ。物売りの出入りが自由。一応プライベートビーチ、のはずだが。物売りにしつこくものを売りつけられるプライベートビーチ。東南アジアの物売りをあしらい慣れていない日本人ゲストの皆さんは気を付けて!

 

ボラカイ島自体は中韓のゲストで溢れているが、ビーチそのものは心洗われる奇跡のビーチだった。

f:id:BriVN:20170222123010j:plain